2024年5月20日

2024年5月20日

2024年4月17日

2024年4月17日

クラウドファンディング「滋賀県を健康長寿県へ!内科専門医100人育成プロジェクト」へのご賛同、誠に有り難うございました。多大なるご支援をいただき、無事に目標金額を達成することができました。寄付者ご芳名一覧(ご許可分のみ)を掲載させていただきます。今後は、皆様からのご期待に添えるよう、滋賀県で活躍できる内科専門医の育成に尽力いたします。

2024年4月6日

2024年4月6日

村田誠教授が第23回西濃血液疾患懇話会(大垣フォーラムホテル、大垣市)で「移植はどこまで進歩したか」を講演しました。

2024年4月1日

2024年4月1日

芦本徹医員、福永諒医員が血液内科に採用されました。

2024年3月23日

2024年3月23日

阿部和樹医員が第46回日本造血・免疫細胞療法学会総会(東京国際フォーラム、東京)で「MSC投与が有効だった再燃型の腸管急性GVHD」を口演しました。

2024年3月21日

2024年3月21日

  • 浅井愛病院助教が論文題目「FUS-ERGは急性骨髄性白血病細胞において遅発性のアザシチジン耐性を誘導する」で博士(医学)を授与されました。
  • 永井詩穂病院助教が論文題目「HIV/AIDSの知識レベル、保健所の認識と、それらの関連要因:在日ブラジル人における横断的研究」で博士(医学)を授与されました。

2024年3月8日

2024年3月8日

血液内科の医局が新しい場所に移動しました。実験実習支援センターの2階と3階です。思いがけず臨床実習で血液内科を回っていた学生グループから引っ越し祝いをいただきました。

2024年2月28日

2024年2月28日

2024年1月20日

2024年1月20日

2024年1月16日

2024年1月16日

造血幹細胞移植後の慢性GVHDに対する新しい治療法、体外フォトフェレーシス(ECP)を導入しました。現時点でこの治療法ができるのは国内で5施設しかなく、滋賀県では当院でのみ実施可能です。血液中の白血球成分を体外で処理したのち体内へ戻すことで、過剰になっている免疫反応を調節します。
ページトップに戻る